一人暮らしのネット回線はWiMAX?固定回線?

一人暮らしのネット回線を選ぶならWiMAXと固定回線どっち?

一人暮らしのネット回線を選ぶならWiMAXと固定回線どっち?

新しく一人暮らしという新生活をはじめる人にとって、ネット回線をどうするのかというのは重要かつ緊急な問題です。

このサイトにも「一人暮らしを始めるんですがWiMAXってどうですか?」という質問が何度か寄せられました。

使っていてストレスを感じないか、通信制限は大丈夫かなど気になるポイントはいろいろあると思います。管理人自身が独身一人暮らしで、固定回線ではなくWiMAX一本で生活をしているからこそ本当のところをお話できると思っています。

それでは以下に体験談をまとめます。

一人暮らしでWiMAXは使えるのか?

結論からいうと、フレッツ光などに慣れていなければストレスなく使えます。

管理人は一人暮らしでWiMAXを使い始めてからかれこれ4年近くたとうとしていますが、あまり不満もなく使えています。

もちろんWiMAXが万能とは決して思いません。速度・制限はフレッツ光などの固定回線に劣っています。しかしこれらはフレッツ光などの通信サービスに慣れていなければそれほど不満を感じないと思っています。

よくある不満1)WiMAXは速度が遅すぎて使えたもんじゃない

WiMAXはたしかにフレッツ光に速度で負けています。最大速度でいうと1/5程度です。しかし現実的に困ることは少ないです。

日中は下り最大27Mbps以上を計測

日中のスピードテスト

制限時であっても最大5Mbps程度は出ている

制限時のスピードテスト

普段は平均15~30Mbpsは出ていますし、制限時であっても管理人の地域では5Mbps程度は出ました。

この数値を低いと感じる方はいるかもしれませんが実際のところ困ったことはありません。動画やネット閲覧などは問題なくできています。オンラインゲームなどデータ通信を大幅に行わなければ困ることはないでしょう。

不満を感じているのはフレッツ光などの固定回線に慣れている方がほとんどです。今まであんなに速かったのに!とストレスを感じてしまうのでしょう。

よくある不満2)WiMAXは制限があって使えない

固定回線はWiMAXなどのモバイル通信サービスと違って、通信制限というものがありません。なのでこの点はたしかに不満がないといえばウソになります。

ただ実際に使っていて、「あ、今遅いから制限かかっているな」と感じることはほとんどありません。管理人は月間30GBくらい使うそこそこのヘビーユーザーですが、それでもです。

上にも書きましたが制限時であっても下り速度5Mbpsは出ています。これはYoutubeなどの動画もちゃんと見れますし、SNS利用や検索なども問題なくできるレベルです。

なので制限とは無縁の固定回線に慣れている人でない限り、そんなに不満は感じないのではないかなと思っています。

WiMAXだからこそ一人暮らしの人にオススメできる!

実はWiMAXは一人暮らしの人におすすめできることがいっぱいあるんです。

その一つが料金。固定回線などはプランにもよりますが大体4,000~6,000円程度かかります。おまけに工事が必要なので工事費などの手数料も上乗せされてしまいます。

一方でWiMAXはこのサイトでも紹介しているようにGMOとくとくBBなどは月額3,000円以下で使えることができます。お金を節約したい人には嬉しいのではないでしょうか。

また、申し込んですぐネットが開通・利用できるのもメリットの一つです。固定回線の場合、申し込み→工事日の予約→工事、とステップを踏むので遅いと2週間以上待たされることもあります。今の時代ネットがそれだけの期間使えないというのはかんがられませんね。

一方、WiMAXはモバイルWi-Fiなので工事が必要ありません。Broad WiMAXなどでは申し込みの翌日には端末が届いて即使えるようになっています。

最後に、同時接続最大10台くらいまで対応しているのもポイントです。固定回線は無線LANを使おうと思ったらルーターを別途買わなければいけませんし、その設定もけっこう複雑で面倒。WiMAXは元々無線なのでスマートフォンやタブレット、パソコンなども同時につなげることができます。クレードルがあれば有線接続もできてしまいます。

一人暮らしするならGMOとくとくBBのWX02という機種がオススメ!

では実際にどのプロバイダと機種がいいのかというと、管理人としては「GMOとくとくBB」の「Speed Wi-Fi NEXT WX02」という機種をおすすめします!

GMOを選んだ理由は料金が安いこと、特典が魅力的なことが理由です。そしてWX02という端末は42,000円もの高額キャッシュバックが付いていること、WiMAX2+回線に加えてWiMAX回線も使えることが理由です。


ページのトップへ戻る