WiMAXキャッシュバックの罠

WiMAXキャッシュバックの罠!金額の大きさだけを見ていると痛い目にあうかも!?

「◯万円キャッシュバック」って言うけど、いつもらえるか知ってますか?

申し込みをすれば◯万円キャッシュバックプレゼント、などとキャッシュバック特典をつけているWiMAXプロバイダは数多いです。

公式サイトを訪れるとデカデカとキャッシュバック金額が載っているので「なんかお得そう」とついつい思ってしまいます。

たしかにお得です。しかし金額の大きさだけを見ていると思わぬところで損をしてしまうことも。

たとえばネット上にはこんな声があります。

  • キャッシュバックもらえるの忘れてて慌てて連絡したら期限すぎてた…
  • キャッシュバックの受け取り方がわかりにく過ぎてサポートとモメてる
  • 案内メールを見逃しててみごとにもらいそこねた

キャッシュバックが目当てで申し込みをしたにも関わらずもらい損ねてしまったという不満です。調べれば本当にたくさんでてきます。

それもそのはず、WiMAXのキャッシュバックは受け取るのがけっこうメンドくさいんです。

ここではその注意点を紹介します。

WiMAXのキャッシュバックを受け取り損ねる人がいるのはなぜ?

第1の理由. キャッシュバックのことを忘れてた

キャッシュバック◯円プレゼントとあると契約したらすぐにもらえそうな感じがしてしまいますよね。しかし実際は契約してから1年程度たたないともらえないことが多いです。

*1:何社かは例外的に翌月~翌々月にはもらえますがその代わり金額が小さめです。

もらえるのは大体1年後…。そう!忘れた頃にやってくるんです!

キャッシュバック目当てで申し込みしても1年たてば誰だってすっかり忘れています。これが受け取り損なう人がいる第一の理由です。

ホンネとタテマエ

なぜ受け取りが1年後に設定されているのでしょうか。タテマエとしては契約後にキャッシュバックだけ受け取って契約解除されないためで理にかなっているように思えます。

しかし実際にキャッシュバックをもらい忘れる人がでてくると、本来あげるはずのキャッシュバックがまるまる企業の利益になるワケです。企業側がこれをラッキーと思ってないワケがありませんよね。

またキャッシュバックキャンペーンの場合、そもそも特典が前提なので月額料金自体は安くありません。その点をみてもユーザーが損をし、企業が得をする構図ができあがっているのです。

第2の理由. 自動で振り込まれると思ってたら自己申告制だった

キャッシュバックは自動で振り込まれたりしません。あなた自身が主体的に行動しないと受け取れない仕組みになっています。この辺がプロバイダが批判される大きな要因となっているようです。

たとえば企業側からキャッシュバックの案内メールが届きますが、これに口座情報を登録しておかないと受け取り意思なしと思われてキャッシュバックの権利を失います。

ここで批判の多い『GMOとくとくBB』のキャッシュバック受け取り条件を見てみましょう。

GMOの事例を紹介

受取時期 端末発送月を含む11ヶ月目
連絡手段 メールでの案内
連絡先 GMOとくとくBB入会時に作ったメールアドレス(例 ◯◯@ggnavi.jp)
期限 メールの送信日より翌月の末日まで
振り込み 返信があった翌月末日(営業日)
キャッシュバック適用外になるケース
  • 口座情報が間違っていた場合
  • 期日までに口座情報を入力しなかった場合
  • 案内メールが届くまでに解約した場合
  • 利用料を未納・滞納した場合
  • 一度GMOとくとくBBで契約したことがある人は適用しない

受取までの流れ

1ヶ月目 契約

11ヶ月目 メールが届く

12ヶ月目 メールの内容に従い口座情報を入力

13ヶ月目 銀行口座に振り込み

案内が届くのはいつも使っているメールアドレスではない

ここでとくに注意が必要なのはいつも使っているメールアドレスではなく、契約時に新しくつくったプロバイダメールに届くという点です。これはGMOとくとくBBに限らず、@niftyやSo-netなど多くのプロバイダも同じです。

おそらく多くの方は普段からチェックしていないメールだと思います。なので契約して新規発行したら必ず、メールアドレスを普段よく見るメールへ転送するようにしておきましょう。

第3の理由. メールが届いてあとでやろうと思ってそのまま忘れる

メールが届いてすぐに口座情報を入力してしまうのが一番ですが、後でやろうと思って一旦閉じる場合もあると思います。

しかし注意しなければいけないのはキャッシュバックの案内メールには期限があることです。大体30日~45日間の範囲で設定されています。

それまでに口座情報を入力するなどの指定されたリアクションをとらないと、キャッシュバックの権利を失ってしまいます。

この理由で残念ながら受け取れなかった人も多くいるようです。

第4の理由. キャッシュバックをもらった後にも注意

キャッシュバックを受け取ったあとも気は抜けません。

たとえばBIGLOBEなどは最低利用期間を設けていて、キャッシュバックを受け取ったあとでさえも23カ月目以内に解約をしたら違約金(15,000円)が発生します。

第5の理由. ちゃんと受け取り手順をふんだのにもらえないケース

届いた案内も見たし口座情報も入力した、それなのにキャッシュバックがもらえないということもあります。

最たる例が口座情報の入力ミスです。もし間違ってしまったら企業によっては一発アウトという厳しい措置をとっているところもあるようです。自己責任でしっかりミスを防ぐ必要があります。

他にも、

  • 利用料を未納・滞納してはいけない
  • プラン変更をしてはいけない *GMOとくとくBBなど一部プロバイダは通常プラン⇔ギガ放題プランの変更はOKです。

など各社が定めるルールに則って利用しなくてはいけません。

こんなんキャッシュバックあげる気ないだろ…。詐欺だ…。

お気持ちはよく分かります。こういった企業側の姿勢には疑問を抱くこともあります。説明書きも小さい文字でしか書いてないので読み飛ばす人も多いでしょう。

しかしキャッシュバックがお得なのも事実なので我々はこれを上手に利用するしかないのです。

とはいうものの...キャッシュバックはやっぱりお得だった!

キャッシュバックってそこまでして貰わなきゃいかないもの?そもそもトータルで見て安いの?

その答えはYESです。

WiMAXの利用にあたってキャッシュバックは絶対にもらったほうがいいですし、トータルで見てかなり安くなります。

たとえばキャッシュバック額が大きいことで有名な『GMOとくとくBB』の事例を再度見てみます。
『GMOとくとくBB』はキャッシュバックなしで月額料金が安く設定されているプランもあるため、そちらとの比較をすることでお得さがハッキリと分かるでしょう!

1.キャッシュバックあり トータル 実質 2.キャッシュバックなし トータル 実質 (結論) キャッシュバックありのほうがトータルでみて●円、月々●円も安かった! 手間を考えてもやっぱりもらっておいたほうがいい。

WIMAXプロバイダ各社のキャッシュバック条件まとめ

ここでキャッシュバック特典をつけているプロバイダの具体的な条件をまとめておきましょう。

総評
この中でもっとも良心的なのはBIGLOBEです。受け取りやすくそれでいて金額も高いです。

でもやっぱりキャッシュバックはメンドくさいという人は…

それでもここまで読んだらキャッシュバックなんていらないよ、面倒くさいという人もいるかもしれません。

そういう人はキャッシュバックなしの代わりに別の特典がついているプランを選べばいいでしょう。現金還元がない分、月額基本料金が低く設定されているためお得感があります。

こちらのページによくまとまっています。 →月額料金が安いWiMAX業者ランキング

他にもタブレットやノートパソコンがタダでもらえちゃうお得な特典もあります。 →WiMAXのタブレット無料特典

関連ページ

WiMAX購入の際によくある質問
WiMAX購入前によく聞かれる質問についてまとめました。参考にしてください。
WiMAXの通信速度はどのくらいか計測してみた
WiMAXの通信速度は実際のところどのくらいなのかをテストしてみました!リアルな速度事情が知りたい人は必見です。
通信制限について最低限知っておくこと
WiMAXで最低限知っておくべき「通信制限」についてまとめました。購入はこれをよく理解してからにしましょう。
賢い購入の仕方と契約前に気をつけること
WiMAX購入前に知っておくべきことや気をつけることなどをまとめました!
「WiMAX」 「Wi-Fi」 「LTE」 「4G」ってなに?
WiMAXやWi-Fi、LTE、4Gといったよく耳にするけど意味不明な言葉をできるだけかみくだいて解説していきます。
WiMAXは店舗で契約する?それともネット?
ふつうの家電量販店でも売っているWiMAXですが、そういった店舗で契約するのがお得なのか、それともネットがいいのかを解説します。
一人暮らしのネット回線を選ぶならWiMAXと固定回線どっち?
一人暮らしをはじめる予定の方、すでにしている方におすすめのWiMAXを紹介しています。
自宅で使えるおすすめのWiMAXはどれ?
家で使うのにおすすめのWiMAX端末&プロバイダを探している方へ。固定回線の代わりにも使えます。
WiMAX2+の通信制限はどれくらいでかかるのか
WiMAXの速度はどのくらいつかったら制限されるのかを調べてみました。自分の使い方で制限に達するかチェックしてみましょう!
WiMAX 2+の速度制限が3日間3GB以上→10GB以上へ
3日間で3GB以上利用したときにかかる速度制限が3GB→10GBへと上限アップします!適用開始は・・・
WiMAXの解約にお金をかけるな!2年つかって更新月に違約金ゼロで解約するのが基本
WiMAXを解約するときの「契約解除料」はクセモノです。事前にしっかりとルールを把握しておかないと後で損することになります…
見た目の安さに惑わされるな!本当に安いWiMAXは2年間の総コストで分かる
本当に安いWiMAX会社の見つけ方とは!?パッと見の安さではなく総コストに注目することで簡単にわかります!
au 4G LTEは使うな!月間無制限が台ナシになる
WiMAX 2+を最大限に使うのなら「au 4G LTE」は使ってはいけません。ギガ放題の月間無制限ルールが…

ページのトップへ戻る